スープダイエットの効果は?脂肪燃焼効果はないが…

スープダイエットと言えば、野菜スープダイエット(別名、脂肪燃焼スープダイエット)が有名ですね。スープを飲むだけで脂肪が燃焼するすごいダイエット方法です。

手術前の肥満の心臓病患者を減量させる食事療法と紹介されることもあります。

しかし、スープダイエットで本当に痩せるのでしょうか?

野菜スープダイエットとは?

野菜スープダイエットとは、レシピ通りの野菜を使って脂肪燃焼効果がある野菜スープを作り、それを飲むダイエット方法です。

脂肪燃焼効果があるスープということで別名、脂肪燃焼スープとも呼ばれています。

また、スープ材料のレシピにトマトが含まれることから、トマトスープダイエット(脂肪燃焼トマトスープ)とも呼ばれています。

食事をトマトに置き換えるトマトダイエットもありますね。

野菜スープの材料は次の通りで、

・玉ねぎ3個
・ピーマン1個
・セロリ1本
・キャベツ半玉
・トマト3~5個
・チキンスープの素1個
・昆布(味付け用、好みで。)

作り方は、材料の野菜を適当なサイズに切って鍋で10分ほど煮込むだけです。(チキンスープの素は単なる味付け用ですね。鶏がらスープの素やコンソメで代用可能です。)

材料はごくありふれた野菜にしか思えないのですが、本当に脂肪燃焼効果があるのでしょうか。

野菜スープの脂肪燃焼効果って本当?

別名が脂肪燃焼スープと「脂肪燃焼」を名称に含むことから、野菜スープダイエットの脂肪燃焼効果が世間一般ではかなり強調されて紹介されています。

あたかも、野菜スープを飲むだけで脂肪燃焼効果を期待できる、といった感じです。

しかし、野菜スープに脂肪燃焼効果なんてありません。

完全に誤解を生む名称ですね。

スープダイエットはなぜ痩せる?

スープダイエットの脂肪燃焼効果が嘘であるなら、なぜ野菜スープを飲むだけで痩せるのでしょうか。それは、スープダイエットが置き換えダイエットの一種だからです。

実は、スープダイエットのやり方においては、1週間の食事メニューが完全に決められています。

1日目:野菜スープ+果物(バナナ以外)
2日目:野菜スープ+野菜(豆とコーン以外)
3日目:野菜スープ+果物と野菜
4日目:野菜スープ+バナナ3本とスキムミルク
5日目:野菜スープ+350~700gの肉
6日目:野菜スープ+牛肉と野菜
7日目:野菜スープ+玄米と100%野菜ジュース

上の食事メニューを見ればわかる通り、摂取カロリーを抑えるから痩せるわけです。

1日目は野菜スープ以外に果物しか食べられないなど、食事ルールもかなり厳格です。食事制限の中では実践が難しい方法の1つに挙げられるかもしれません。

また、なぜ5日目と6日目だけ肉が食べられるのかが不明だし、3日目の「野菜スープ+果物と野菜」で野菜がかぶるのも不思議です。

7日目の「野菜スープ+100%野菜ジュース」など、完全に意味不明なメニューですね。

スープダイエットは素人が考案したダイエット方法

このスープダイエットというものは「肥満の心臓病患者を減量させる食事療法」なんてたいそうなものではなく、素人が適当に考案したダイエット方法(食事メニュー)です。

上の食事メニューの適当さを見れば、すぐにわかりますね。

また、「脂肪燃焼スープダイエット」なんて名称を付けるあたり、医療関係の従事者が考案したダイエット方法でないのは間違いありません。

ダイエット情報というのは、9割以上が娯楽化されたエンターテイメントですからね。

ただ、スープダイエットは厳格なカロリー制限を伴う食事制限なので、1週間の食事メニューを完全に実践することができれば体重が落ちるのも確かなことです。

脂肪燃焼スープダイエットで何キロ痩せられる?

脂肪燃焼スープダイエットは、「一週間-8kgも夢じゃない!」「5kg減も可能!?絶大な効果!」などと短期間で大幅に体重が落ちることが強調されがちです。

しかし、人間が1週間絶食しても2キロしか痩せません。絶食して-2キロのところ、食事をしながら-8キロも痩せるわけがないのです。

1日必要摂取カロリーが2000kcalとして、1週間の食事メニューで1日1000kcalしか摂取しないなら、1週間で1キロ減が妥当な目安です。

スープダイエットはリバウンドしないの?

脂肪燃焼スープなんて名称が付いているものだから、「飲めば代謝が上がるのでリバウンドしにくいダイエット方法」という印象を持つ人は多いかもしれません。

しかし、スープダイエットは栄養的にめちゃくちゃな食事制限なので、他の食事制限のダイエット方法よりもリバウンドしやすいでしょう。

栄養不足が一番問題になるのは、たんぱく質です。5日目と6日目の肉を食べる日以外、たんぱく質はほぼ補うことができません。

たんぱく質は筋肉を作る材料なので、筋トレなど運動後は、筋肉を増やすためにたんぱく質を補うのが定番ですね。

また、たんぱく質には食事制限のダイエット中に筋肉が減る量を抑える効果もあります。

食事制限で痩せれば必ず筋肉が減るわけですが、たんぱく質を必要量(体重1キロ当たり1g/日)補うことで、筋肉の減少量を最小限に抑えることができるのです。

だから、野菜スープダイエットを1週間行えば、筋肉はかなり減るでしょうね。もちろん、筋肉が減った分だけ基礎代謝が低下するということです。

「スープダイエットの効果は?脂肪燃焼効果はないが…」のまとめ

「野菜スープダイエットで1週間-8キロ」なんて紹介されることが多いですが、実際に痩せられるのはせいぜい1週間で1キロです。

また、野菜スープダイエットは栄養学的にもめちゃくちゃなので、筋肉をすり減らして基礎代謝を低下させたり、健康状態を悪化させたり(特に免疫力の低下)します。

口コミでは高評価と低評価が入り乱れているようですが、高評価の理由は短期間で大きく体重を落とすことに成功できた人でしょう。

ただし、体重が落ちることと体脂肪が落ちること(=実質的に痩せたということ)は異なります。

要するに、「1週間の食事で固形物をあまり取らない」「食物繊維を多めに摂取する」という食事メニューの特徴から、実質的に痩せていなくても体重だけは落ちやすいです。

大腸の便が減って体重が落ちた、などはその一例ですね。

逆に、スープダイエットの低評価の口コミでは、「ストレスで自律神経が乱れて心療内科に通うはめに。」なんてものもあります。

朝食、昼食、夕食ともに野菜スープばかりでまともな食事ができないので、ストレスがたまるのは当然のことです。

ちなみに、ストレスは暴飲暴食や過食症の原因にもなるので注意が必要です。

厳格すぎる食事制限のダイエットはストレスの原因なので、もっとゆるい食事制限でマイペースに痩せるようにしましょう。