顔の脂肪を落とす方法。顔太りの原因と唯一の顔痩せ方法

「顔だけ脂肪が付いて太って見える…。」確実に顔の脂肪を落とす方法とは、顔太りの原因を知って正しく対処することです。

顔やせマッサージで「リンパ」「むくみ」「デトックス」を意識しても、絶対に顔の脂肪を落とすことはできません。

顔太りの原因と、確実に顔の脂肪を落とす方法を解説します。

顔に脂肪が付く顔太りの原因は何?

「全身は痩せているけど、顔だけ脂肪が付いているのが悩み…。」顔は服で隠せない部分なので、顔太りというだけで周りに太った印象を与えてしまいますよね。

顔太りの原因と解消法は、一般的に次のように解説されています。


■顔の余分な水分や老廃物が顔太り(むくみ)の原因

顔のむくみが顔太りの原因。顔にたまった余分な水分や老廃物で、顔にむくみが発生する。

⇒フェイスラインに沿ってリンパマッサージを行い、リンパ液や老廃物、毒素を流せば顔太り(顔のむくみ)が解消する。


■顔の筋肉の衰えによる頬肉のたるみ

頬肉が重力(下へ引っ張る力)で下がるのを筋肉が支えきれなくなり、これが頬のたるみやシワの原因に。頬にたるみができると脂肪が付きやすくなる。

⇒表情筋トレーニングや顔の体操(喜怒哀楽の表情を作るなど)で、表情筋を鍛えてたるみを解消すれば小顔になれる。


■姿勢が悪いと骨格が歪み、この歪みが顔太りの原因

猫背で骨格に歪みが出ると体に老廃物をため込みやすくなり、顔にも影響が出て顔のむくみの原因になる。フェイスラインとまぶたの膨張は、骨格の歪みが原因。

⇒日常生活で姿勢を正すことで骨格の歪みが改善し、顔のむくみも改善する。


■若さが顔太りの原因

10代後半の女性は顔が丸くなりやすく、顔が太って見えてしまう。

⇒年齢とともに丸顔が解消されていくので、放っておいてもよい。


しかし、顔太りの原因とされるこれらの説明は全て間違いです。リンパマッサージ、表情筋トレーニング、骨格の歪み改善では小顔になれないということです。

もちろん、若さが顔太りの原因だという説も間違いです。

リンパマッサージでは顔の脂肪が落ちない

小顔を作るにはリンパマッサージが効果的(即効効果がある)だとよく言われますが、リンパマッサージで小顔になることはできません。

なぜなら、リンパマッサージはむくみを取る方法ですが、寝起き意外に顔にむくみは発生しないからです。

寝起きに顔がむくむ原因は、体を横にすることで、顔の高さと体の高さが同じになるからです。

しかし、起きると体の中で顔の位置が一番高くなるため、顔の水分(リンパ液)が重力の影響で下りて、顔のむくみは自然と解消するのです。

よって、顔に限ってはリンパマッサージをする意味が全くありません。当然ながら、エステのリンパマッサージも効果がありません。

寝起き以外で顔がむくんで見える場合、顔の脂肪が原因で本当に太っているのです。

あるいは、前日にお酒を飲んだせいでむくみが発生したのです。(お酒を飲んだ翌日は顔がむくむ場合があります。)

注意点として、マッサージが顔のたるみの原因になる場合もあることです。

顔のたるみの原因は皮膚が伸びることですが、力を入れてマッサージをすれば顔の皮膚が伸びてしまうのです。

マッサージが原因で顔がたるんだ場合は、一生そのままです。皮膚はいったん伸びてしまうと二度と元に戻らないからです。

目の辺りをマッサージすると、目の周辺がたるむ原因になる場合があります。あごのフェイスラインをマッサージすると、二重あごの原因になる場合があります。

同様に、頬の部分をマッサージすると頬がたるむ原因になる場合があります。

どうしても顔をマッサージしたいなら、マッサージする手に力を入れすぎないように注意する必要があります。

表情筋トレーニングでは小顔になれない

表情筋トレーニングで顔の筋肉を鍛えれば顔が引き締まり、小顔になれると言われています。しかし、表情筋トレーニングでは小顔になれません。

確かに表情筋トレーニング(顔の筋トレ)には、一定の引き締め効果はあります。

笑顔を作るエクササイズや「あいうえお体操」で口の周りの筋肉を鍛えれば、多少は顔に引き締まった印象を与えることはできるでしょう。

しかし、「引き締め」はあくまでも形が整うだけであり、表情筋トレーニングで顔の脂肪が減るわけではありません。

顔の脂肪を減らさない限りは小顔になれないので、小顔になりたいなら表情筋トレーニングは意味がないのです。

骨格の歪みが顔太りの原因なんて嘘

「骨格の歪みが原因で顔に老廃物がたまり、それが顔太りの原因になる。」

これは骨盤ダイエットからヒントを得た考え方だと思いますが、骨格の歪みによって体に老廃物がたまるわけがありません。

ちなみに、骨盤ダイエットは何の効果もないダイエット方法です。

医学的に骨盤が動く(歪む)ことはあり得ず、さらに骨盤の位置と痩せやすさには何の関係もないからです。

本当の顔太りの原因

顔太りの原因はリンパ液でも老廃物でもなく、顔に脂肪が付くことです。

太ると皮下脂肪が付きやすい女性は、内臓脂肪が付きやすい男性に比べて顔に脂肪が付きやすい傾向があります。(お腹に脂肪が行かない分、顔や下半身に脂肪が行く。)

体全体はスリムなのに顔だけに脂肪が付いている原因は、体質的に顔に脂肪が付きやすい遺伝子を持っているからです。

「ダイエットで体全体の脂肪が落ちたけど、顔の脂肪だけが落ちない」のなら、もう少しダイエットを継続すれば次は顔の脂肪が落ちていきます。

よって、顔だけ脂肪が落ちない状態は、「隠れ肥満」の一形態だとも言い換えられます。(本人が思っているほど体脂肪率が落ちていない。)

確実に顔の脂肪を落とす方法

顔の脂肪を落とす方法とは、食事制限や運動によるごく普通のダイエットです。

これが唯一の小顔ダイエットの方法であり、これ以外のダイエット方法で小顔になるのはまず不可能です。

体の脂肪を落とすには食事制限で摂取カロリーを控えるか、運動でカロリー消費するしかありません。顔の脂肪であっても例外ではないのです。

マッサージや表情筋トレーニングではカロリー消費しないので、顔の贅肉が落ちるわけがないのです。

「顔の脂肪を落とす方法。顔太りの原因と解消法」のまとめ

リンパマッサージや表情筋トレーニングで顔の脂肪は落ちないので、これらのダイエット方法では絶対に小顔にはなれません。

唯一の小顔になる方法は、食事制限と運動による王道ダイエットなのです。