ヨガダイエットの効果で痩せるのは無理だけど…

ヨガダイエットが効果的なキレイ痩せ方法である、というイメージを持つ人もいますが、ヨガのダイエット効果はかなり低いです。

運動の中ではウォーキングよりもダイエット効果が低い、といっても間違いではありません。ヨガをするくらいなら、はっきり言ってウォーキングをする方が痩せるのです。

なぜヨガダイエットは効果が低いのでしょうか。

また、ヨガのダイエット効果は他の運動と比べてどれくらいのものなのでしょうか。

ヨガの種類

ヨガにはハタヨガやパワーヨガ、ホットヨガなど複数の種類があります。アイアンガーヨガ、マタニティヨガなどの名前も一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

ヨガスタジオのレッスンで幅広く取り入れられているのは、ハタヨガです。ハタヨガでは、ヨガの基本的なポーズをゆっくりペースで行います。

パワーヨガは普通のヨガ(ハタヨガ)よりも、筋トレ的な要素を取り入れています。

普通のヨガよりは消費カロリーが多いですが、他の運動(ジョギングや水泳)より消費カロリーやダイエット効果が優れているわけではありません。

ホットヨガは高温多湿の室内で汗をかきながら行うヨガです。

汗をかくことに特別なダイエット効果があるわけではなく、脂肪燃焼効果を演出するヨガスタジオのイメージ戦略です。

アイアンガーヨガは器具を使って行うヨガ、マタニティヨガは妊娠中の女性が行うように設計されたヨガです。

ヨガで痩せやすい体質にはならない

ヨガをすると痩せやすい体質になる、というイメージがありますが、それは単なるイメージにすぎません。ヨガに特別なダイエット効果はないのです。

ヨガはインド発祥の修業が始まりなので、ヨガ特有の呼吸法には神秘的なイメージがあります。

その神秘的なイメージを、ダイエット効果に結び付けて考える人もいます。

例えば、

1.ヨガの呼吸法で酸素を体内の隅々に取り入れれば血流が良くなる。
  ↓
2.その結果、冷え性が改善する。
  ↓
3.冷え性が改善すれば代謝が上がる(脂肪燃焼効果が高まる)。

などと言われる場合があります。

また、「ヨガのポーズを行うと体の中心の筋肉(インナーマッスル)が鍛えられ、それによって基礎代謝が上がる」などと言われる場合もあります。

しかし、ヨガにはこのような特別なダイエット効果はありません。

呼吸法について言えば、ヨガの呼吸法をしなくても酸素は体の隅々まで行き渡ります。

酸素は血液に乗って全身をかけ巡りますが、血液を送り出すのは心臓の役割なのです。ヨガの呼吸法で心臓を鍛えることはできないので、呼吸法で血流は良くなりません。

血流を良くする(心臓を鍛える)なら、ジョギングや水泳などの有酸素運動をした方が効率が良いのです。

また、冷え性と代謝にも関連性はありません。(体のしくみから考えて、冷え性の有無と代謝の良い悪いは別問題。)

ただ、ヨガの呼吸法は「腹式呼吸」なので、一定の健康効果(リラックス効果)は期待できます。(ただし、ダイエット効果は期待できません。)

ちなみに、腹式呼吸のやり方は

1.鼻から息をゆっくり吸い込み、お腹に空気をためてふくらませる。
  ↓
2.お腹をへこませながら、口からゆっくり息を全て吐き出し切る。

上記の1、2を複数回(10~20回程度)繰り返す呼吸法です。

腹式呼吸で期待できる具体的な健康効果は、自律神経のバランス調整によるリラックス効果です。

「病は気から」と言いますが、心を安定させることで健康効果を得るわけです。

ヨガでインナーマッスルは鍛えられるのか?

ヨガのダイエット効果で度々言われるのは、「ヨガでインナーマッスルを鍛えれば代謝が上がる(痩せやすい体質になれる)」ということです。

しかし実際、ヨガのポーズは動作的・運動量的に言えばストレッチの一種だと言えますが、ストレッチ程度の運動では筋肉は全く鍛えられません。

「インナーマッスル」という一般人が理解しにくい言葉を使い、ヨガに特別なダイエット効果があるとの印象を(ヨガ教室などの業者が)植え付けているのです。

なお、空腹時にヨガを行えばダイエット効果が高まるとも言われていますが、何の科学的根拠もありません。

これもヨガの神秘的なイメージの植え付けにすぎないわけですね。

ヨガの消費カロリー

ヨガの消費カロリーは、1時間当たり94.5kcalです。(体重60キロの場合)

ストレッチの消費カロリーもちょうど同じくらいです。

ウォーキングで言えば、ゆっくりした歩行(54m/分)に匹敵する消費カロリーです。通勤時程度の歩く速度(144.9kcal)と比べれば、消費カロリーは3分の2程度です。

ジョギングは1時間当たり378kcal、ゆっくりペースで泳ぐ水泳だと315kcalなので、ヨガの消費カロリーは他の運動と比べれば見劣りしますね。

ヨガの消費カロリーで痩せるのは、はっきり言って難しいです。

しかし、ヨガは口コミでは高評価だったりしますが、その理由は運動が苦手な人でも「ヨガならできる」と思えるからです。

ヨガで痩せることは難しいですが、運動嫌いを克服するきっかけとして考えるならヨガは素晴らしいと思います。

ヨガの健康効果について

ヨガは上記の通りダイエット効果は期待できないけど、健康効果ならある程度期待できます。ヨガの健康効果で一番期待できるのはリラックス効果ですね。

さらに、ヨガで肩こりが改善したり、姿勢が良くなる効果もあると言われています。確かに、ヨガはストレッチ的な動作で体を動かすので、そういった効果もあると思います。

「ヨガダイエットの効果で痩せるのは無理だけど…」のまとめ

ヨガのダイエット効果は非常に小さい(ヨガだけで痩せるのは到底無理)ですが、運動嫌いな人でもできる緩い動作の運動です。

ヨガが運動嫌いを克服するきっかけになるかもしれませんね。