便秘解消法で効果と即効性が高い方法

便秘解消法には便秘薬や便秘茶、乳酸菌サプリを飲む、ツボ押し、腸活ストレッチなどがありますが、これらは効果がないか便秘を悪化させる方法です。

そこで、効果と即効性が高い便秘解消法を紹介します。

便秘薬や便秘茶は便秘症を悪化させる

「便秘症だから便秘薬で無理やり排便させている」、「便秘薬は副作用が怖いから便秘茶を飲んでいる」なら、どちらの方法も便秘症を悪化させる原因なので注意が必要です。

確かに、便秘薬には即効性の便秘解消効果があります。

しかし、便秘薬を飲み続けると、副作用で便秘薬に頼らないと排便できなくなる体質になります。その点、便秘薬は依存性が高いお薬と言えます。

刺激性下剤が便秘症悪化の原因に

市販されている便秘薬の半分以上は刺激性下剤に分類されます。刺激性下剤とは、薬物的に腸を刺激して腸の動きを活発にし、排便を促す下剤のことです。

刺激性下剤にはアントラキノン系(センナ、ダイオウ)、ジフェニルメタン系(ピコスルファートナトリウム、ビサコジル)があります。

刺激性下剤の副作用は大腸メラノーシス(便意を感じなくなる副作用)です。ひどくなると、便秘薬なしには排便できなくなります。

便秘茶は副作用がない?

「便秘茶なら副作用の心配がない」と考えがちですが、実は便秘茶と便秘薬の成分に違いはありません。

正確に言えば、便秘茶に配合されているセンナ系の植物(センナ、キャンドルブッシュ、ゴールデンキャンドル)は、アントラキノン系の刺激性下剤の原料です。

便秘茶=刺激性下剤なので、便秘茶と便秘薬に副作用の違いはないのです。

乳酸菌サプリで便秘は改善しない

乳酸菌サプリはヨーグルトのイメージから、腸内環境の改善や便秘解消にすごく効果がありそうな気がします。

しかし、実は乳酸菌サプリの腸内環境を改善させる効果は低く、便秘解消効果はかなり低いです。

ヨーグルトが腸内環境改善に効く理由は、乳酸菌ではなく乳酸による効果です。乳酸菌が牛乳をエサに作り出した酸っぱい成分=乳酸が腸内環境を改善させるのです。

腸内環境悪化の原因である腸内悪玉菌は、酸性の環境に弱いからです。乳酸菌それ自体には何の効果もありません。

よって、乳酸菌サプリを飲んでも便秘はほぼ改善しないでしょう。

便秘の原因

便秘の原因とひとことで言っても、直腸性便秘と弛緩性便秘で原因は異なります。

直腸性便秘とは直腸に便が下りてきても便意を感じない便秘のことです。正常なら便意を感じるはずが、便意を我慢する習慣により便意を感じにくくなります。

よって、直腸性便秘を改善するには便意を我慢しないことです。

弛緩性便秘は腸の動き(蠕動運動)が悪いから排便できない便秘のことで、腸内環境の悪化や食習慣に問題がある便秘です。

弛緩性便秘を改善するには、腸内環境の改善と食物繊維を補うことが重要です。また、運動や水分摂取も弛緩性便秘を改善する良い方法です。

便秘のツボ押しは効果が低い

便秘を改善するツボ押しがありますが、ツボ押しに便秘を改善させる効果はありません。

腸の真上をツボ押しすると便意をもよおす効果がある場合がありますが、これはツボ押しというより、腸を圧迫して便を押し出すためです。

日本人に多い弛緩性便秘の原因は腸内環境の悪化であり、便秘のツボ押しに腸内環境を改善させる効果はありません。

よって、根本的に便秘を改善させたいなら腸内環境を改善させる必要があります。

腸活ストレッチの効果も一時的

腸活ストレッチとは、お腹の大腸の部分をわしづかみするなどして、腸を圧迫して便を押し出すストレッチ(マッサージ?)のことです。

腸活ストレッチも根本的な便秘症の改善にはなりませんが、トイレで「あともう少しで出る!」という時の一時しのぎやってみるとよいかもしれません。

慢性便秘を改善するには?

慢性便秘とは排便回数が週3回未満の便秘を言いますが、慢性便秘を改善させる唯一の方法は腸内環境を改善させることです。

腸内環境を改善させる良い方法は、食物繊維を補うことです。野菜をたくさん食べるようにし、食物繊維を補うとよいでしょう。

また、腸内環境を整える最強の食品がオリゴ糖です。

オリゴ糖は大腸に直接届き、大腸にもともと生息している乳酸菌のエサになります。

乳酸菌サプリを摂取しても腸への定着率が0%なのに対して(だから乳酸菌サプリは効果なし)、オリゴ糖は腸にもともと生息している乳酸菌のエサになるという利点があります。

そして、大腸内の乳酸菌がオリゴ糖をエサにして乳酸を生成することにより、腸が酸性に傾いて悪玉菌が死滅し、腸内環境が改善します。

これが日本人に多いタイプの弛緩性便秘に効果抜群なのです。

便秘を即効で改善させる方法

オリゴ糖には多量摂取すると下痢になるという特徴があります。この作用を利用すれば、便秘を即効で改善させることができます。

しかも、便秘薬のように便秘を悪化させる副作用もありません。

スーパーなどで売っている液体タイプのオリゴ糖は、成分のほとんどが水あめで、オリゴ糖の含有量はかなり少ないです。

だから、ネット通販などでラフィノースなどのオリゴ糖含有量が高い製品を利用する必要があります。

ラフィノースは普通の食品なので既定の摂取目安量はありませんが、1日3g以上補うと整腸作用を期待できると言われています。

よって、最初は3g程度を補って、便秘が改善するか様子を見てみましょう。それでも便秘が改善しなければ、2倍、3倍と摂取量を増やしていきます。

しかし、オリゴ糖の多量摂取は一般的に推奨されていない方法なので、もしこの方法を実践する場合は自己責任でお願いします。

「便秘解消法で効果と即効性が高い方法」のまとめ

便秘症がつらいと言って便秘薬や便秘茶に頼ると、便秘症を悪化させてさらにつらい状況に陥ってしまいます。

それより、自然食品であるオリゴ糖で腸内環境を改善させる方が、根本的な便秘解消につながるし安全です。