部分痩せはできない?足や顔を部分痩せする方法

部分痩せはできないのでしょうか、それとも可能なのでしょうか。

「体全体は痩せているけど足だけ太い」「顔だけ脂肪が付いている」ような場合、足を部分痩せする、顔を部分痩せする方法はあるのでしょうか。

部分痩せができる、できないを含め、部分痩せダイエットについて詳しく解説します。

体の構造上、部分痩せはできないが…

部分痩せできないのが基本だが、お腹の部分痩せだけは可能、というのがまず結論です。残念ながら、体の特定部分の皮下脂肪だけを落とすことは不可能です。

部分痩せダイエットの方法に関しては、様々な方法をよく見かけます。

例えば、足にサランラップを巻いたり塩を塗ったりする足痩せ方法、表情筋トレーニングやマッサージによる顔痩せ方法などです。

しかし、サランラップを巻いてもマッサージをしても脂肪は落ちません。表情筋トレーニングのような筋トレによって脂肪が落ちることもありません。

また、足痩せエクササイズのように足を集中的に動かすエクササイズをしても、足の脂肪だけが落ちることはありません。

足の筋肉ばかり使う運動を行ったとしても、全身の皮下脂肪が平均的に落ちます。部分痩せエクササイズには部分痩せ効果はなく、あるとすれば全身痩せ効果なのです。

お腹の部分痩せは可能

体全体では、お腹の部分痩せだけは可能です。

お腹の脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪で構成されていて、皮下脂肪に関して言えば、お腹の部分痩せは他の部位と同様に不可能です。

ただし、内臓脂肪だけは例外です。内臓脂肪は日常生活の特定条件で付きやすくなり、特定条件で落ちやすくなるという性質があるからです。

その特定条件とは、日常生活における運動の有無です。

内臓脂肪と筋肉にはエネルギーを受け渡すしくみがあって、運動をした時には内臓脂肪が優先的に消費されます。

しかし逆に、運動をしない時には内臓脂肪が蓄積されます。

よって、ぽっこりお腹が気になる人は、運動をしてカロリー消費すれば内臓脂肪が減ってぽっこりお腹が改善するわけです。

上半身は痩せているけど下半身だけ太る理由

下半身太りに悩んでいる人がよく口にするのは、「上半身は痩せているけど下半身だけ太っている」という言葉でしょう。

なぜ下半身だけ太っている状態に陥ってしまうのでしょうか。

太った時に体に脂肪が付く順番は遺伝子によって決まっているので、摂取カロリーが過剰になって体脂肪が付く時には、遺伝子が決めた順番通りに体脂肪が付きます。

逆に、ダイエットで痩せた時は、正反対の順番で体脂肪が減っていきます。

(太る時に「下半身⇒顔⇒上半身(二の腕・背中・胸)」の順番で体脂肪が付いたなら、痩せる時は「上半身⇒顔⇒下半身」の順番で体脂肪が減ります。)

上半身の脂肪が減った段階でダイエットをやめれば、「上半身は痩せているけど下半身だけ太っている」状態になるわけです。

足を部分痩せするには?

あなたが足の部分痩せダイエットに失敗してきたなら、その理由は明確です。

足の部分痩せマッサージや部分痩せエクササイズが痩せると信じて、そればかりをしてきたからです。

下半身だけ太った状態になるのは「下半身⇒顔⇒上半身」の順番で体脂肪が付く体質の人(減る時は逆の順番)が、上半身が痩せた段階でダイエットをやめたからです。

もう少しダイエットを継続すれば(体脂肪率を減らせば)顔と下半身も痩せていくのに、顔や下半身が痩せる前にダイエットをやめたのです。

それなら、足を部分痩せする方法は明確ですよね?

そう、今よりさらに体脂肪率を下げていけば、次は足の脂肪が優先的に減っていくのです。足の脂肪が真っ先に付いたなら、足の脂肪が落ちるのは一番最後になるわけです。

足首の部分痩せ方法は?

足首を部分痩せしたい場合も、体脂肪率を下げていくことが正しいダイエット方法です。

足首の脂肪が落ちる前にダイエットをやめてしまったわけだから、足首の脂肪が落ちる段階までダイエットを継続すればよいわけです。

部分痩せマッサージは意味がない

ところで、足痩せと言えば部分痩せマッサージが考え方の主流になっています。ところが、部分痩せマッサージはほぼ意味がない行為です。

なぜなら、足が太くなる原因の99%は足に付いた脂肪が原因だからです。

足の部分痩せマッサージはリンパ(血液中の水分)を流して足のむくみを解消することが目的ですが、むくみは足が太い原因の1%も占めていないでしょう。

要するに、足のむくみを解消しても、たいして足は細くならないということです。例えれば、57cmの太ももに部分痩せマッサージを施しても、56.5cmになる程度のことなのです。

この-0.5cmのために、毎晩お風呂上りにマッサージをしているわけです。

さらに、部分痩せマッサージの効果は2時間程度しか持続しません。

20時に部分痩せマッサージをして57cmの太ももが56.5cmになったとして、22時くらいには再びに57cmにサイズに戻ります。

毎日部分痩せマッサージをすればダイエット効果が毎日蓄積して、数か月後にはかなり足が細くなる、と考えているのなら大きな間違いです。

部分痩せマッサージの効果はその日限りで、翌日まで効果が持続しないのです。

顔の部分痩せマッサージは効果なし

部分痩せマッサージを顔に行う行為は、さらに意味がありません。なぜなら、顔の部分痩せマッサージは効果が全くないからです。

足の部分痩せマッサージは一時的にせよ効果がありますが、顔の部分痩せマッサージに限っては効果がゼロなのです。

なぜなら、体の中でも顔はむくみが発生しない部位です。

足がむくみやすい原因は、重力の影響と関係があります。

体にはリンパ(血液中の水分であり、むくみの原因)を強制的に流すしくみがないので、リンパは重力の影響を受けて下に下りてきやすいです。

だから、立ち仕事をする時には足がむくみやすいのです。

しかし、顔に限っては、重力の影響がむくみを解消する方向へ向かいます。顔は体の中でも一番高い位置にあるので、リンパが下方向へ流れやすく停滞しないのです。

顔がむくむのは朝の寝起きの直後だけですが、体を起こして日常生活を始めれば顔は常に一番高い位置にあります。

だから、寝起きから2時間ほど経過すれば、顔のむくみは自然と解消するのです。

顔のむくみは常に解消されている状態にあるので、小顔マッサージやリンパマッサージなど、顔に部分痩せマッサージを施す行為は意味がありません。

むくんでいない部位にむくみを取るマッサージをしても意味がありませんよね。

「部分痩せはできない?足や顔を部分痩せする方法」のまとめ

体の脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、部分痩せが可能なのは内臓脂肪だけです。

そして、内臓脂肪は運動によって落ちるので、ぽっこりお腹に関しては運動によって部分痩せが可能です。

「上半身は痩せているけど下半身だけ太い」状態は一種の隠れ肥満(痩せているように見えて、実は体脂肪率が高い)とも言い換えられます。

皮下脂肪に関しては基本的に部分痩せが不可能ですが、今より体脂肪率を下げていくことで脚痩せも顔痩せも可能になります。

背中や二の腕の部分痩せに関しても考え方は同じです。