リバウンドしないダイエット方法。短期間で絶対痩せるには?

短期間で絶対痩せるリバウンドしないダイエット方法について解説します。

ダイエット後にリバウンドする(体重を戻す)人は大多数ですが、逆に言えば、リバウンドさえ防げていたらダイエットに成功していた、とも言い換えられます。

要するに、ダイエット成功の絶対条件が、リバウンドしないダイエット方法なのです。

リバウンドしたら痩せにくいって本当?

リバウンドした後のダイエットが痩せにくいのは、無理なダイエットで基礎代謝を低下させた場合です。

ダイエット後に基礎代謝が低下していなければ、リバウンドする可能性は低くなります。よって、リバウンドしたら痩せにくい、というのはダイエット方法によります。

では、どのようなダイエットがリバウンドしやすく、ダイエット後のリバウンドを防ぐには何に注意を払ってダイエットを行うべきなのでしょうか。

運動ダイエットはリバウンドしにくい

運動だけでダイエットを行った場合、リバウンドする可能性は低くなります。なぜなら、運動は基礎代謝が低下しにくいダイエット方法だからです。

基礎代謝が低下するメカニズムはいくつかあって、そのうちの1つは筋肉量の減少です。

筋肉1キロ当たり13kcalの基礎代謝なので、例えばダイエットで筋肉を2キロ減らしたら基礎代謝が26kcal低下することになります。

食事制限でダイエットを行えば、体の筋肉は必ず減ります。よって、食事制限のダイエットで痩せれば必ず基礎代謝が低下するのです。

では、運動で痩せた場合は基礎代謝が全く低下しないのでしょうか。

いいえ、運動ダイエットでも体重が減れば基礎代謝は必ず低下します。運動で痩せた場合であっても、筋肉は必ず減るからです。

しかし、運動は筋肉を鍛える行為でもあるので、ダイエット中の筋肉量の減少速度が緩やかにはなります。

その観点から、運動で痩せた場合は基礎代謝の低下速度が緩やかになります。

ただし、運動ダイエットには大きな欠点があります。

運動で消費できるカロリーは思っているほど多くはなく、運動だけで痩せるのが非常に困難だということです。

ダイエットの基本は食事制限であり、運動はあくまでもダイエットの補助という位置付けなのです。

リバウンドしない食事ダイエットの方法

食事制限はリバウンドしやすいダイエット方法です。なぜ食事制限はリバウンドしやすいのかと言うと、食事制限で痩せれば体の筋肉が必ず減るからです。

さらに、実は体脂肪にも基礎代謝はあります。(筋肉と同様に体脂肪もカロリー消費しています。)

だから、筋肉量の多い少ないに関わらず、体重が減れば必ず基礎代謝は低下するのです。

30代女性(運動をあまりしない人)の1日基礎代謝量の平均は次の通りです。

・体重60キロ=1302kcal
・体重55キロ=1194kcal
・体重50キロ=1085kcal

体重が5キロ減るごとに、基礎代謝が109kcalほど低下しています。体重1キロ当たりでは基礎代謝が約22kcal低下するわけですね。

だから、体重が減れば必ず基礎代謝が低下するので、体重を減らすごとに摂取カロリーを減らしていく必要があるわけです。

では、リバウンドしない食事ダイエットのコツとは何でしょうか。

まず、体重の減少量に応じて食事量(摂取カロリー)を減らしていく必要があります。

先ほどの30代女性の例では、基礎代謝を含めた1日消費カロリーの平均は次の通りです。

・体重60キロ=1953kcal
・体重55キロ=1790kcal
・体重50キロ=1628kcal

体重が5キロ減るごとに、1日消費カロリーは163kcal低下しています。体重1キロ当たりでは33kcalの消費カロリーが減ります。

よって、体重55キロの人がダイエットで体重を50キロに減らしても、体重55キロの時の摂取カロリー(1790kcal)のままだとリバウンドするわけです。

減らした体重の分だけ以後は摂取カロリーを減らすことが、リバウンドしないダイエットのコツですね。

短期間ダイエットはリバウンドしやすい

1ヶ月に減らす体重が多いほどリバウンドしやすい傾向にあります。要するに、短期間ダイエットほどリバウンドしやすいということですね。

なぜ短期間ダイエットがリバウンドしやすいのかと言うと、体のメカニズム的に食事量の調整が追い付かないからです。

人間の体というのは、短期間の急な変化ほど対応ができなくなります。

少しずつ痩せていく緩い食事制限で1ヶ月に落とす体重を少なくすれば、胃が小さくなって食事量も自然と減っていきます。

体が減った体重に適応して、少ない食事量でも満足できる体になるわけですね。

だから、ダイエットに成功して体重を維持できている人は、基礎代謝が低下した分だけ食事量も自然と減った人です。

しかし、1ヶ月に5キロ体重を減らすような短期間ダイエットを行えば、5キロ減の体重に体がまだ適応しきれていません。

適応しきれていないがゆえに、ダイエット前の食事量でしか満足できない体なのですね。

よって、ゆっくり痩せることがリバウンドしないダイエットのコツとなります。

ちなみに、1ヶ月に落としてよい体重は、現在の体重の5%までと言われています。

体重55キロの人なら5%は2.75キロなので、1ヶ月に2.75キロ以上の体重を落とすダイエットを行えばリバウンドする可能性が高くなります。

たんぱく質はリバウンドを防ぐ栄養素

リバウンドを防ぎたいなら、たんぱく質を意識して補うようにすると良いです。なぜなら、たんぱく質はリバウンドを防ぐ栄養素だからです。

ダイエット中にたんぱく質を補う意味は2つあります。

その1つは、筋肉を作る栄養素としてのたんぱく質を補うことです。

体重を落とせば筋肉が必ず減ると書きましたが、十分なたんぱく質を摂取せずにダイエットをした場合、筋肉の減少速度が早くなります。

逆に、十分なたんぱく質を補いながら体重を落とした場合、筋肉の減少速度はゆっくりになります。目安として、体重1キロ当たり1g/日のたんぱく質を補っておくと良いです。

ダイエット中にたんぱく質を補うもう1つの意味は、食欲コントロールを有利にするためです。

肥満とたんぱく質の摂取量には関係がある、という研究結果があります。

「たんぱく質に対する人間の本来持つ食欲がとても強いことから、十分な量のたんぱく質をとるまで、食べ続ける結果になる」のです。

体のしくみから言えば、たんぱく質を摂取すれば、ペプチドYYという食欲抑制ホルモンの分泌量が増えます。

よって、食事制限中に十分な量のたんぱく質を摂取していれば、食欲コントロールがうまくいくので、リバウンドしないダイエットが可能になるわけです。

リバウンドしないダイエットサプリってある?

体重を減らす効果が大きく、さらにリバウンドしないダイエットサプリはあるのでしょうか?

まず、ダイエットサプリは効果がないものが多く、基本的にダイエットサプリで痩せることは難しいと考えておきましょう。

リバウンドする、しない、よりも先に、ダイエットサプリは体重が落ちないのです。

体重が落ちやすくてリバウンドしにくいダイエット方法を挙げるなら、酵素ドリンクを使った置き換えダイエットが優秀です。

酵素には一時的ではありますが、エネルギー代謝の効率を上げる効果があります。

エネルギー代謝は体内の細胞の1つ1つに存在するミトコンドリアで行われていますが、エネルギー代謝(クエン酸サイクル)の際には複数回の酵素反応が行われます。

酵素ドリンクによって酵素を補えば、エネルギー代謝に必要な酵素反応の効率を上げることができます。その結果、酵素を補った時にはエネルギー代謝の効率が上がります。

酵素ドリンクで置き換えダイエットをすれば摂取カロリーを減らせると同時に、体重を落とす際に低下するエネルギー代謝を補う結果となります。

だから、酵素ドリンクによる置き換えダイエットは短期間で痩せても、他のダイエット方法と比べて相対的にリバウンドしにくいわけです。

「リバウンドしないダイエット方法。短期間で絶対痩せるには?」のまとめ

ダイエットで体重を減らせば、基礎代謝は必ず低下することになります。だから、体重を落とす量に応じて、ダイエット後は摂取カロリーを減らす必要があります。

ゆっくりペースでダイエットを行えば、体が自然と痩せた体重に適応し、食事の量(摂取カロリー)も体が自動調節して減らしてくれます。

体重をゆっくり落とすようにするほど、リバウンドする可能性が減るわけですね。