ダイエット茶の効果は小さい。お茶で痩せるのは無理がある

ダイエット茶で効果的に痩せられると考えているなら、お茶のダイエット効果はないに等しいレベルであることを知っておく必要があります。

ダイエット茶の種類(センナ、緑茶など)と効果(便秘解消系、脂肪燃焼系など)、どれくらい痩せられるのかについて詳しく解説します。

ダイエット茶の種類と効果について

ダイエット茶と聞いて真っ先に想像するのはセンナ茶やゴールデンキャンドル、キャンドルブッシュなどの便秘解消系のお茶ではないでしょうか。

また身近なお茶にも、脂肪燃焼効果があるカテキン入りの緑茶やほうじ茶があります。

麦茶も身近なお茶の一種ですが、麦茶にはカテキンやダイエット成分が入っていないのでダイエット効果は期待できませんね。(その代り、カフェインも入っていません。)

センナ系のダイエット茶について

センナ系の茶葉のダイエット茶は、飲めば即効で便秘が解消する類のお茶です。即効で便を出して体重を減らせるので、即痩せしたい人には人気です。

ただし、センナ系のダイエット茶(センナ、ゴールデンキャンドル、キャンドルブッシュ)は、単なる下剤と考えておいた方が正確です。

コーラックなどの下剤を飲むダイエット方法がありますが、センナ系のダイエット茶の効果はそれと同じです。

なぜなら、センナ系の植物は下剤を作る原料であり、下剤そのものだからです。

センナ系のダイエット茶(下剤)を飲んで体重が減っても、大腸内の便が出ただけの話です。飲んでも体脂肪は減らないので、また便秘になれば体重も戻ります。

さらに、センナ系のダイエット茶には大腸メラノーシスという副作用があります。

大腸メラノーシスとは、腸が下剤に慣れて段々排便が困難になっていく症状のことです。最終的には腸が動かなくなり、下剤なしでは排便ができなくなります。

見せかけの即効性(下痢による体重減)を演出するため、複数の茶葉がブレンドされたダイエット茶にはほぼセンナ系の茶葉が入っているので注意しましょう。

カテキン入り緑茶の脂肪燃焼効果について

緑茶の渋味成分であるカテキンには、脂肪燃焼効果があると言われています。

実際、カテキンを関与成分とした「体脂肪が気になる方に」の表示が許可された、特定保健用食品の緑茶飲料の商品があります。

カテキンのダイエット効果については、「効果が認められた」「効果が認められなかった」の両方の報告があります。

※効果があった試験結果

「539.7mgのカテキンを含んだ飲料を1日1本、12週間摂取させたところ、体重、体脂肪、ウエスト周囲径、ヒップ周囲径が減少した」

※効果がなかった試験結果

「カテキン576mg/日を含む緑茶を24週間摂取させたところ、体重、BMI、腹囲、体脂肪率、血中脂質などに影響は認められなかった」

特定保健用食品の表示許可は、メーカーが大金を払えば許可されるという性質のものです。よって、カテキンのダイエット効果は、現状の科学では微妙なところだと言えます。

緑茶の脂肪燃焼効果はあるかもしれないし、ないかもしれない、ということです。

緑茶のダイエット効果のあるなしに対する個人差は大きいでしょうね。

なお、カテキンを摂取するなら緑茶でも煎茶や番茶に多く、ほうじ茶のカテキン含有量は煎茶や番茶の4分の1以下です。

ダイエット茶の口コミの傾向

ダイエット茶の口コミの傾向として、脂肪燃焼系のダイエット茶で「痩せた」という評価は全体的に少ないです。評価の大半は「美味しい」など味に関する評価です。

センナ茶など便秘解消系のダイエット茶の口コミは「寝る前に飲むと翌朝すっきり出る」「あまり濃くするとお腹が痛くなる」など、効果を実感できている口コミは多いです。

ただし、便秘解消系のダイエット茶は下剤と同じなので、大腸メラノーシス(下剤なしでは排便ができなくなる副作用)に注意が必要です。

また、妊娠中には便秘解消系のダイエット茶を飲まない方が良いです。妊婦または妊娠している可能性のある婦人にはセンナは原則禁忌となっているからです。

「すっきり出る」など便秘解消を示唆するお茶の他、「○週間で-○キロ」のようなダイエット茶にもセンナ系の成分(センノシド)が入っている可能性が高いです。

ダイエット茶に頼らない便秘解消法

便秘の原因は腸内環境の悪化が主因であり、運動不足や水分の摂取不足も関係しています。

よって、便秘を改善させる最も良い方法は、食生活で食物繊維の摂取を意識すること、オリゴ糖を摂取して腸内環境を整えることです。

食物繊維は食事で野菜を意識して食べること、オリゴ糖はネット通販などで買えるラフィノース(オリゴ糖含有量98%以上)で補うと良いでしょう。

便秘が改善すれば肌の調子も良い方向へ変化し、美肌効果も期待できるはずです。

「ダイエット茶の効果は小さい。お茶で痩せるのは無理がある」のまとめ

カテキンなど脂肪燃焼効果があると言われるダイエット茶は効果が微妙で、センナを含む便秘解消効果があると言われるダイエット茶は副作用が問題になります。

結局、確実なダイエットにはカロリー制限が欠かせません。ダイエット茶などの飲み物で痩せようとするのは無理があるのです。