脂肪溶解注射に痩身効果なし。痛みや失敗症例も

脂肪溶解注射(メソセラピー)は注射を打つだけで痩身効果を得られる治療ですが、実際は脂肪溶解注射に痩身効果がないどころか、痛みや失敗症例に悩むことになりそうです。

脂肪溶解注射は失敗症例が多い

脂肪溶解注射の失敗症例がどんなものかというと、一番多いのが全く痩身効果を得られないことです。

脂肪溶解注射ははっきり言えば、1回の注射で痩身効果を得られることはありません。治療を何度も繰り返しても見た目に変化が出ないことは多いです。

しかし、治療の費用相場は1回当たり3万円前後し、20回治療を行うと仮定すれば60万円くらいは必要です。

しかも、20回の施術程度では満足できるほどの痩身効果は得られないでしょう。

脂肪溶解注射で腫れや痛みも

脂肪溶解注射の施術を受けてから腫れや痛みがひどく、どうしようもない辛さに悩むケースは非常に多いです。

失敗事例で目立つのは腫れがなかなか引かないことで、顔に脂肪溶解注射の施術を受けた場合は顔が腫れあがって仕事をしばらく休む事例も多いです。

顔が腫れあがる、顔の神経を損じて表情がおかしくなる失敗症例もあるため、顔の脂肪溶解注射だけは施術を受けない方が無難だといえるでしょう。

費用だけのクリニック選びはトラブルの元

できるだけ脂肪溶解注射の費用を安く済ませたいと、価格だけでクリニック選びをすればとんでもないトラブルに巻き込まれる場合もあります。

なぜなら、無責任なクリニックはやはり存在するからです。

脂肪溶解注射で痩身効果が得られなかった場合、副作用が出た場合、腫れがひどくてどうしようもない場合、無責任なクリニックは対応してくれません。

無責任なクリニックやドクターだと泣き寝入りするしかないのです。

脂肪吸引と脂肪溶解注射の違い

脂肪吸引と脂肪溶解注射を比較した場合、脂肪吸引の方が痩身効果は高いです。ただし、脂肪吸引の方がリスクも高いでしょう。

脂肪吸引も腫れや痛みがひどいのは言うまでもありませんが、未熟なドクターだと神経を切ってしまって痺れが残ることも多々あります。

また、脂肪吸引の失敗事例では皮膚の凹凸が多いですが、脂肪溶解注射も皮膚の凹凸は十分に考えられます。

脂肪溶解注射の方が痩身効果が低く脂肪がほとんど落ちない分だけ、皮膚の凹凸は目立ちにくいでしょう。

金銭面を比較した場合、1回当たり約3万円の脂肪溶解注射の方が安いと思うはずです。

しかし、脂肪溶解注射は何十回と治療を繰り返さないと痩身効果が出ないため、結局は脂肪吸引と同程度の費用がかかります。

脂肪溶解注射の治療後もリバウンドする

脂肪溶解注射で脂肪細胞を溶かせばリバウンドしないかも・・と考えている人もいるかもしれませんが、脂肪溶解注射の治療後もリバウンドします。

例えば、10回の脂肪溶解注射の治療で30gほど脂肪が落ちた場合、術後に216kcal摂取すれば全く同じだけの脂肪が体に付きます。

脂肪細胞を溶かすので治療部分はリバウンドしないのでは?、と思うかもしれませんが、脂肪細胞は分裂して増えます。

だから、治療部位にも脂肪はまた付くのです。

「脂肪溶解注射に痩身効果なし。痛みや失敗症例も」のまとめ

脂肪溶解注射で痩身効果を得るためには、何十回も治療を繰り返す必要があります。費用は1回当たり3万円前後で、20回治療すれば金額は60万円と高額です。

しかも、治療後に腫れや痛みに悩む人、クリニックやドクターとのトラブルも多いです。