痩せる薬の市販で効果NO.1、副作用なしはどれ?

痩せる薬は市販で買えるけど効果がない商品(いわゆるダイエットサプリ)、市販で買えないけど効果も副作用も強い商品(個人輸入や病院処方)の2種類に分けられます。

痩せる薬の効果と副作用、注意点、選び方を説明します。

痩せる薬は市販で買えない

痩せる薬は原則として、市販で購入することはできません。なぜなら副作用が強く、日本国内の法律で市販が禁止されているからです。

ドラッグストアで購入できるのは痩せる薬ではなく、いわゆるダイエットサプリです。ダイエットサプリは効果がない代わりに副作用も少ないです。

本物のやせる薬(市販で購入不可)はダイエット効果が確かに大きいです。しかし、無理して購入しても副作用に苦しむ結果になりかねません。

痩せる薬は市販で買えませんが、個人輸入という形なら購入が可能です。個人輸入とは個人の責任において海外から直接購入することです。

痩せる薬の販売が合法な海外の国から、個人的に(個人輸入仲介業者を経由して)購入するわけです。

痩せる薬は副作用の救済措置なし

市販で購入できる薬(風邪薬でも何でも)は副作用があった時に救済措置を受けられますが、痩せる薬を個人輸入した場合は自己責任なので救済措置を受けられません。

ダイエット効果が大きい代わり、副作用のリスクが大きすぎるのです。安全性は一切無視されていますね。

「痩せる薬」と検索すれば上位にランキングサイトがヒットしますが、ランキングサイトで紹介されている痩せる薬のリンクは、個人輸入仲介業者のサイトへ飛ばすものです。

よって、ランキングサイト経由で痩せる薬を購入した場合、副作用があっても救済措置は受けられないことになります。

痩せる薬の種類と効果、副作用など

痩せる薬の代表的な種類の1つに、ゼニカルがあります。

ゼニカルは腸で脂肪が吸収されるのを阻害する薬です。ゼニカルを飲んでから食事をすれば、食べたものの脂肪分が一定割合で吸収されずに便として排出されます。

ゼニカルを試した口コミで多いのは「便が漏れる」という内容です。

脂肪が一定割合で腸から吸収されないため、自分の意志で制御できずに便が漏れてしまうのですね。紙おむつ必須の痩せる薬です。

実際、ゼニカルを飲めば体重は減ります。

しかし注意点は、ゼニカルを飲めば脂溶性ビタミンの吸収も阻害してしまうことです。

脂溶性ビタミンとはビタミンA、D、E、Kですが、「ビタミンA、E」は抗酸化作用を持つビタミンですね。ビタミンA、Eだけで考えても、体の抵抗力を落としてしまうわけです。

また、ゼニカルはアメリカのFDAで肝障害が32例報告されています。ゼニカルは痩せる代わりに肝障害のリスクを背負うことになるわけです。(厚生労働省も注意喚起)

その他、食欲抑制効果を持つサノレックスとシブトラミンが痩せる薬では有名です。

サノレックスは中国製のダイエット食品でこっそり配合され、死亡例があった成分です。中毒性があり、副作用は不安やけいれん、幻覚などひどいものばかりです。

ジブトラミンも中国製のダイエット食品に配合され、死亡例があった成分です。副作用は肝機能障害や心筋梗塞、脳卒中などですね。

ゼニカル、サノレックス、シブトラミンに共通するのは、どれも死につながる副作用があるということです。

痩せる薬を市販で購入できないのはこんな理由があるからです。

ランキングサイトの人気ランキングなど、痩せる薬を容易に紹介するのは本当にやめてほしいです。

病院処方の痩せる薬は?

サノレックスに関しては、極度の肥満に対して病院で処方を受ければ国内でも購入することができます。

軽い肥満ではサノレックスは処方されず、高度肥満症のみ処方の対象です。

上に書いた副作用を読めば理解できると思いますが、サノレックスは中毒性があり、副作用もひどく死亡例もあるので飲まない方がよいですね。

ダイエットサプリの効果と副作用は?

ダイエットサプリは痩せる薬とは違い、市販が合法で安全性も高いです。コエンザイムやアルファリポ酸、キトサンなどの成分が有名ですね。

ただし、ダイエットサプリは薬効がないから市販できるわけであり、はっきりいってダイエット効果はほぼ期待できません。

あとは、痩せるお茶(便秘茶)なんかは下剤であり、排便を促す効果はあっても体脂肪を減らす本当の意味でのダイエット効果はありません。

下剤なしでは便が出なくなる、という副作用もありますしね。

「痩せる薬の市販で効果NO.1、副作用なしはどれ?」

結局、痩せる薬で副作用がないものはありません。副作用がきつい分だけダイエット効果が大きいのも事実ですが、死と隣り合わせの副作用のリスクは割に合いません。

食事制限や運動で地道に痩せる方が無難ですね。