アミノ酸のダイエットサプリに脂肪燃焼効果はない

アミノ酸のダイエットサプリを飲んでも脂肪燃焼効果はありません。なぜなら、アミノ酸ダイエットの脂肪燃焼効果や、基礎代謝を上げる効果は全て嘘だからです。

アミノ酸にはダイエット効果が全くないのです。

アミノ酸ダイエットとは?

アミノ酸ダイエットとは、アミノ酸を補うことでダイエット効果を得ようとする方法です。

アミノ酸のダイエット効果がどんなものかと言うと、


1.脂肪燃焼効果…アミノ酸には脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させる働きがあり、アミノ酸を補うことで効率的に脂肪が燃焼する。

2.疲労回復効果…アミノ酸には運動の疲れに対する疲労回復効果があり、運動時にアミノ酸を補えば運動量が増えるので消費カロリーが増える。

3.痩せやすい体質になる…アミノ酸は筋肉を作る材料なので、アミノ酸を補うと筋肉が増えて基礎代謝が上がる。だから、アミノ酸を補うと痩せやすい体質になる。


単純にアミノ酸を補うだけで脂肪が燃焼したり基礎代謝が上がったりし、さらに、運動時にアミノ酸を補えば運動のダイエット効果もアップするわけです。

アミノ酸の脂肪燃焼効果は嘘

アミノ酸のダイエット効果はテレビが広めた嘘です。

もっと具体的に言うと、サプリメント業者が販売促進のために(マスコミにお金を払って)ブームを作り出したわけです。

納豆ダイエットの効果がテレビでねつ造(ビフォアアフター写真が別人、教授の話をねつ造、測定数値ねつ造など)されたのは記憶に新しいですが、アミノ酸ダイエットに関しても同じです。

納豆ダイエットに効果があるとされる根拠の1つも、納豆に含まれるアミノ酸だったわけですが、被験者に効果がなかったから数値などねつ造せざるを得なかったわけです。

アミノ酸の脂肪燃焼効果、脂肪分解酵素、リパーゼ活性化などのダイエット効果についても、難しい言葉を使っておけば一般人はだませると考えているわけです。

アミノ酸の疲労回復効果は本当か?

運動後の疲労回復に効果的とされるアミノ酸は、いわゆるBCAA(ロイシン、イソロイシン、バリンの3つのアミノ酸)です。

体の筋肉にはBCAAが貯蔵されており、激しい運動をするとBCAAが消費されます。アミノ酸のダイエットサプリで筋肉にBCAAを補えば、疲労が回復するというわけです。

ウォーキングやジョギング後のタイミングでBCAAを補って筋肉の疲労を回復させたり、運動前のタイミングでBCAAを補って筋肉の持久力を改善させるような飲み方をします。

確かに、BCAAが筋肉の疲労回復に効果があるのは確かなことです。

しかし、サプリメントで補えるアミノ酸量はわずかであり、筋肉の疲労回復に役立つレベルの摂取量に達しないことが問題です。

例えば、BCAAを2000mg含むサプリはたんぱく質量で換算すれば2gに過ぎず、この程度のアミノ酸を摂取しても筋肉の疲労回復には全く役に立ちません。

BCAAは言い換えれば必須アミノ酸の一部なので、食事でたんぱく質を摂取すればBCAAは必然的に補えます。

アミノ酸で痩せやすい体質になるのは本当か?

アミノ酸を補うと痩せやすい体質になるというのは、アミノ酸が筋肉を作る材料だというところからきています。

一般論として、筋トレをして筋肉を増やすと基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になるといわれていますね。

しかし、アミノ酸ダイエットには2つの問題点があります。

その1つは、筋肉を作る材料のアミノ酸を補っても、筋トレをしなければ筋肉が増えないということです。アミノ酸を飲むだけでは筋肉増加に役立たないわけですね。

もう1つの問題点は、アミノ酸サプリで補えるアミノ酸量が少なすぎるという点です。

アミノ酸サプリで1000mg~2000mg(たんぱく質量で1~2g)のアミノ酸を補っても、たんぱく質の1日所要量からすれば、ほんのわずかな量です。

筋肉量を維持するのに必要はたんぱく質の1日所要量は、体重1キロ当たり1gです。

例えば、体重55キロの女性なら、現在の筋肉量を維持するためには1日55gのたんぱく質を食事から補う必要があるわけですね。

さらに、筋トレなどをして筋肉を積極的に増やそうとするなら、体重1キロ当たり1.5~2g未満(82.5~110g未満)のたんぱく質量が必要です。

アミノ酸のダイエットサプリで2gのアミノ酸を補っても、ほぼ焼け石に水状態です。

アミノ酸のダイエットサプリについて

アミノ酸を補えるダイエットサプリが複数社から数種類売られていますが、上で解説した通り、アミノ酸にはダイエット効果がないので飲む意味はありません。

アミノ酸のダイエットサプリには次のようなものがあります。


■アミノ酸サプリ

1回分で1000mg~2000mg(たんぱく質換算で1~2g)のアミノ酸を補っても、たんぱく質の1日所要量からすれば摂取量が微量すぎて足しにもなりません。

■黒酢

アミノ酸が豊富な黒酢を手軽に補えるサプリメントとされていますが、黒酢のアミノ酸含有量は微量です。

コップ1杯分飲んでも200㎎(たんぱく質換算で0.2g)程度しかアミノ酸を補えないのに、サプリメント1粒で意味のあるアミノ酸量を補えるわけがありません。

■すっぽんサプリ

アミノ酸やコラーゲン(たんぱく質の一部)が豊富なすっぽんをサプリにしたとのことですが、サプリで補えるアミノ酸量はわずかなのでダイエット効果は期待できません。

また、コラーゲンはたんぱく質の一部にすぎず、肉を食べた方がコラーゲンをたくさん補えます。


アミノ酸のダイエットサプリや関連商品を勧める口コミサイトは多いですが、全てステルスマーケティングだと思っておいた方が無難です。

また、楽天などのショッピングサイトのリアルな口コミで、アミノ酸のダイエットサプリに効果があったという内容があったなら、ほぼプラシーボ効果で間違いないでしょう。

※プラシーボ効果=薬理作用のない偽薬を飲んだにも関わらず体に起こった変化。

アミノ酸ダイエットの正しいやり方

アミノ酸ダイエットとは結局、三大栄養素のたんぱく質(筋肉を作る材料)を補って筋肉を増やすダイエット方法です。

筋肉が増えれば基礎代謝が上がり、痩せやすい体質を作れるわけです。

また、筋肉が増えれば運動パフォーマンスが上がります。

要するに、ジョギングで分速80mでしか走れなかったのが、筋肉が増えたことで分速88m走ることができれば、ジョギング時の消費カロリーが10%アップするわけです。

まず前提条件として、筋肉を増やすには運動を行う必要があります。

アミノ酸を補う目的は筋肉を作る材料を補うことなので、運動を行わずにアミノ酸だけを補っても全く意味がないのです。

良質なアミノ酸を安価に多量に補いたいなら、肉や魚を食べてたんぱく質を補えばよいです。アミノ酸=たんぱく質であり、肉や魚のたんぱく質は良質(全て筋肉の材料になる)だからです。

少したんぱく質の質(アミノ酸スコア)は落ちますが、大豆製品でたんぱく質を補っても多量のアミノ酸を補うことができます。

「アミノ酸のダイエットサプリに脂肪燃焼効果はない」のまとめ

サプリで補えるアミノ酸量は微量なので、飲んでもダイエット効果は全く期待できません。アミノ酸のダイエットサプリを飲んでも痩せる効果は全くないのです。

良質なアミノ酸を十分に補いたいなら、肉や魚をお勧めします。

また、脂肪燃焼効果に焦点を絞れば、アミノ酸だけを補っても意味がありません。例えば、脂肪の代謝に欠かせないビタミンB群が不足しても脂肪燃焼効率は落ちます。

さらに、アミノ酸は運動とのセットでダイエット効果を期待する成分です。

そういった理由から、食生活で栄養バランスに注意し、日常生活で運動を取り入れることがダイエットには重要だと言えます。