筋トレは腹筋を割る方法として間違い

腹筋を割る方法が筋トレ(腹筋運動)であると考えているなら、いつまでたっても腹筋を割ることはできないでしょう。

しかし逆に、筋トレをやめれば最短で腹筋を割ることが可能かもしれません。また、正しい方法さえ行えば、女性にだって確実に腹筋を割ることができます。

お腹の筋肉を鍛えても腹筋は割れない

腹筋運動でお腹の筋肉を鍛えても、腹筋が割れることはまずないでしょう。腹筋を割るためには筋肉を鍛えるより、まずお腹の脂肪を減らす必要があるからです。

例えば、シックスパッドなどのEMSや、ワンダーコアなどの腹筋マシンのモデルの写真を見ればわかりますが、太っていない(お腹に脂肪が付いていない)はずです。

また、EMSや腹筋マシンを使って「ビール腹だった腹筋が割れた!」とビフォアアフター写真を掲載して効果を強調しながら、ダイエット器具を勧めているサイトもあります。

これも同様に、ビール腹だった頃の写真は体全体が太っていて、腹筋が割れている現在の写真は体全体が痩せているはずです。

腹筋マシンの効果で腹筋が割れたのではなく、独自にダイエットをして体脂肪率を減らしたから腹筋がむき出し状態になったわけです。

要するに、正しく腹筋を割る方法とは、腹筋運動をしてお腹の筋肉を鍛えることではなく、ダイエットをして体脂肪率を減らすことなのです。

「腹筋が割れた状態」とは、「お腹の筋肉がむき出しになった状態」のことです。腹筋の上に脂肪が乗っかっているメタボ腹で何千回腹筋をやっても、腹筋は割れません。

誰でも腹筋は割れている

はっきり言えば、腹筋なんて誰でも最初から割れています。お腹の腹筋が割れているように見えないのは、割れた腹筋の上に脂肪が乗っかっているからなのです。

腹筋は最初から割れているので、女性でも腹筋を割るのに筋トレは不要です。普通にダイエットをして体脂肪率さえ下げれば、腹筋は自然に割れるものなのです。

腹筋をバキバキに割る方法

以上の通り、腹筋が割れたように見せるためには、まず体脂肪率を減らしてお腹の腹筋をむき出しにする必要があります。

そのうえで、腹筋をバキバキに割りたければハードな腹筋を行えばよいのです。

腹筋を軽く割りたいだけならダイエットだけで十分ですが、腹筋をバキバキに割りたいなら、腹筋運動でお腹の筋肉を鍛える必要性も出てくるでしょう。

アスリートなど腹筋女子のお腹の腹筋がバキバキに割れているのは、日々のトレーニングで体脂肪率が極限まで低下していることがまず挙げられます。

競技種目で腹筋運動をトレーニングに取り入れているなら、むき出しの腹筋が太くなっているので腹筋がバキバキに割れて見えるのです。

腰の負担が少ない腹筋方法

「腹筋を割りたいけど、腰を痛めているので腹筋ができない。」

そんな場合は、クランチの腹筋方法をお勧めします。


1.床に仰向けになり、膝を90度に曲げる形で足を宙に浮かせる。(足をベンチの上に置いてもOK。)

2.手は耳をふさぐように置くか胸の前で交差させながら、息を吐きながら(へそを見るような感じで)頭⇒肩の順に上体を起こす。

3.息を吸いながら上体を戻す。

※普通の腹筋トレーニングのように上体を完全に起こす必要はなく、腹筋を丸めるように力を入れて、腹筋に効くように行う。

短期間で効率的に腹筋を割るには?

短期間で腹筋を割りたいなら、腹筋ではなく有酸素運動を行うべきです。有酸素運動で効率よく体脂肪率を下げることが最短で腹筋を割る方法だからです。

だから、エアロビクスなどのエクササイズ、ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動を行ってカロリー消費するとよいでしょう。

また、腹筋を割る方法は体脂肪率を下げる方法と同じなので、食事制限を行うのも1つの方法です。

というより、運動よりも食事制限の方が短期間で体脂肪率を下げれるので、最も最短で腹筋を割る方法は食事制限になります。

EMSでは腹筋は割れない

EMSは腹筋を鍛える効果がかなり低いし、EMSを使用することによるカロリー消費もほぼありません。腹筋が鍛えられないうえに、体脂肪も全く減らないのです。

だから、腹筋を割ることが目的なら、EMSは何の役にも立たないのです。

「筋トレは腹筋を割る方法として間違い」のまとめ

腹筋を割りたければ、筋トレをするよりまず食事制限で体脂肪率を落とすのが先です。体脂肪率が低下して腹筋がむき出し状態になれば、自然に腹筋が割れて見えます。

さらに、腹筋をバキバキに割りたいなら、そこから腹筋運動を行うとよいでしょう。